申請書入手
FAQ
(よくある質問とその答え)
最新マスタバージョン
お問合せ
 

 

AGRIS(農業農村整備事業測量調査設計業務実績情報サービス)は、平成10年4月より運用を行っておりますが、近年の入札の多様化や、IT基本法等にもとづく各種手続きの電子化等が求められてきております。
この状況に対応するため、農林水産省におきまして新たな機能を追加したAGRISのVer.2が開発され、平成14年度からAGRIS/2の運用を開始しました。データの登録等の管理はAGRISセンターが行っています。
1. 【新しいAGRISの概要】
新しいAGRISの登録手続きのフローは「AGRISについて」に示してあります。 
2. 業務実績入力システムの入手方法

業務実績入力システムの配布は、平成23年度からはAGRISセンターが行っています。
受注者は申請書を入手したうえで「受注者情報登録願」に必要事項を記入し、返信用封筒と返信用切手を添えてAGRISセンターへ郵送します。

3. 業務実績の入力

インターネットサービスシステムの「ダウンロード」ページにある「業務実績入力システム操作マニュアル」を参考に入力をお願いいたします。

4.

業務実績等の情報を発注者が確認

受注者が作成した業務カルテのデータを電子メールにより発注者へ送付します。
発注者は業務カルテ確認システムを利用して、受注者から送付された業務カルテの内容を確認し、電子的な承認を行います。
なお、自主登録等で、発注者が「業務カルテ確認システム」を所持していない場合は、発注者に「発注者情報登録願」をAGRISセンターへ提出して「業務カルテ確認システム」を入手するよう依頼してください。

5.

業務実績の送付

発注者が「業務カルテ確認システム」を使用して承認キーを添付しAGRISセンターに送付します。
AGRISセンターは受注者から送付されたデータについて、事業所等が確認したかどうかを承認キーで確認の上、データベースに登録します。

6.

実績検索

 

AGRISのインターネットサービスから、自社の登録データ(業務実績、会社情報、技術者情報)の閲覧、検索、2次利用が可能なデータ(CSV形式)等の利用が可能です。

7.

その他

ここで説明されていない詳細な規定等につきましては、農林水産省からの告知、あるいはインターネットサービスシステムの「ダウンロード」ページにある「業務実績入力システム操作マニュアル」等を参照してください。