申請書入手
FAQ
(よくある質問とその答え)
お問合せ
 
 

 農業農村整備事業の測量調査設計業務では、公募型入札制度が拡大すること等により、発注機関において受注者の業務実績、技術者の資格及び経験等を常に最新のものとして把握しておくことが重要となってきております。
 そのため、業務実績情報等を提供することを目的とし、平成10年4月よりAGRIS(農業農村整備事業測量調査設計業務実績情報サービス)の運用を開始しました。

 平成12年12月の公共事業の入札契約適正化法の制定や、発注者責任研究懇談会のとりまとめ等を受けて、業務におけるプロポーザル方式入札のさらなる活用が求められており、適用業務の拡大の他、技術者や業務実績の評価方法の改訂がなされてきています。またIT基本法の施行(平成13年1月)に伴いe-Japan重点計画等でインターネット利用の拡大が加速度的に進められており、各種手続きの電子化等が求められてきています。
 これらの状況に対応するため、平成14年度からAGRIS/2の運用を開始しました。

1)

国及び都道府県、市町村、機構等の発注機関(以下「事業所等」という)がAGRISを利用する場合、契約金額が100万円(平成21年度以前の業務は500万円)以上の測量調査設計業務の受注者に対して業務実績等の登録を指示します。

2) 受注者は、AGRISセンターから「業者コード」と「業務実績入力システム」を受け取り、業務カルテのデータ入力を行います。
3)

受注者は、作成したデータを事業所等に送付(電子メールに添付)し、内容の確認を受けます。

4) 発注者は、AGRISセンターから「承認キー」と「業務カルテ確認システム」を入手したのち、「業務カルテ確認システム」を使用してデータの内容を確認します。
注) 「承認キー」と「業務カルテ確認システム」を入手するには申請書を入手して記入の上、AGRISセンターまで送付してください。
データの内容が問題ない場合は、同システムを利用して承認キーをデータに入力します。
データの訂正が必要な場合は、受注者に訂正を指示します。受注者はデータの訂正を行い再度、事業所等に送付して内容の確認を受けます。
5)

発注者は、承認したデータをAGRISセンターに送付します。

6)

AGRISセンターは発注者から送付されたデータについて、発注者が確認したかどうかを承認キーで確認の上、データベースに登録します。データ登録完了後、登録通知を受注者に行います。

7)

発注者は「AGRISインターネットサービスシステム」を利用して業務完了後に業務評点を登録します。

8)

地方自治体等の発注者は「AGRISインターネットサービスシステム」によりデータの閲覧、検索、データの2次利用等の利用が可能となります。