AGRISについて多く寄せられる質問をまとめました。
ぜひ AGRISご利用にお役立てください。
また、ここに掲載されていないご質問があれば、
お問合せからご質問ください。

質問分類

 質 問 分 類

 質  問  内  容

 業務カルテ確認
 について
 業務カルテ確認システムはどこから入手できるか。
 ファイルの読込みでエラーが出て読み込めません。
 承認キーを教えてください。
 業務カルテを承認しようとしたところ、エラーが発生して承認できません。
 一定時間操作を行わないままでいるとシステムが終了してしまいます。
 同一の拠点内で、同一ユーザIDでのシステム起動は出来ますか?
 [契約台帳検索]機能について教えてください。
 閉鎖している発注期間の承認依頼について。
 平成23年度から、業務カルテ登録に関する手続きが変更されたとありますが、
 発注者側の変更内容を教えてください。
 平成23年度から受領書は発行されないのでしょうか。
 業務の契約金額が100万円未満、かつ、契約台帳システムで未登録の
 業務の場合、発注者側で業務の承認が実施できない。
 ファイルの承認を行うとエラーが発生し承認できません。
 コード表について  業務分野、業務キーワード等の一覧がほしいのですが。
 インターネットサービス  インターネットサービスシステムにログインできません。
 AGRISを使いたいが、ログインに必要なIDとパスワードは何ですか。
 検索結果が空欄で表示されました。
 AGRISでブラウザの戻るボタンをクリックしてはいけないのでしょうか。
 パスワードの有効期限について。
 廃止された発注者期間を指定した検索方法がありますか。

【業務カルテ確認について】

Q. 業務カルテ確認システムはどこから入手できるか。
A. 農林水産省・沖縄総合事務局の方が使用する業務カルテ確認システム(ネットワーク版)は、別システムの契約事務システム内から使用することができます。

戻る

Q. ファイルの読込みでエラーが出て読み込めません。
A. 1.ファイルが破損している可能性があります。
受注者からメールで業務カルテを送られている場合は、メールから再度ファイルを取り出す、若しくはメールを再送するよう指示してください。

2.受注者がVer2.23以前の業務実績入力システムで作成した業務カルテを、Ver2.30以降の業務カルテ確認システムにてファイルを読み込むとエラーが出力されます。
受注者の方に、最新バージョン(Ver2.30以降)の業務実績入力システムにバージョンアップ後、業務カルテを出力するように指示してください。

3.上記1、2に該当しない場合で「電子ファイルを読み込み中にエラーが発生しました」といったエラーメッセージが出力される場合は、メールソフトの送受信でファイル変換されている可能性があります。
対応として、外部出力したファイルをLHA等で一旦圧縮したかたちでデータ交換していただきますようお願いします。

戻る

Q. 承認キーを教えてください。
A. 承認キーはAGRISセンター(TEL 048-254-6046(受付時間:9:00〜16:30))にお問合せください。

戻る

Q. 業務カルテを承認しようとしたところ、エラーが発生して承認できません。
A. 次の原因が考えられます。対策も併記しました。
1.業務カルテ(ag2ファイル)のファイルの属性が読み取り専用になっている。
→読み取り専用を解除してください。

2.業務カルテの保存場所の『パス名 + ファイル名』の長さが250バイトを超えている。
→保存場所の『パス名 + ファイル名』の長さが250バイトを超えない場所に保存して承認してください。

3.業務カルテのファイルへのアクセス権がない。
→業務カルテのファイルのアクセス権を変更し、ログインしているユーザにアクセス許可を与えてください。

戻る

Q. 一定時間操作を行わないままでいるとシステムが終了してしまいます。
A. 契約事務システムを起動した状態で、30分以上何も操作が行われていない場合(例、システムを起動したまま、打合せに参加した等)は、自動的にシステムが終了されます。
この為、仮にデータを入力途中だった場合、自動切断されるとそのデータは破棄されますので、入力後は必ず登録ボタンを押下してデータを保持してください。

戻る

Q. 同一の拠点内で、同一ユーザIDでのシステム起動は出来ますか?
A. 拠点内で同一ユーザIDを利用して、業務カルテ確認システム等のシステムを多重起動することはできません。
ただし、同一ユーザIDでも異なるシステムであれば、それぞれ起動は可能です。
「システム」とは契約事務のメニューにあるシステムの事です。

戻る

Q. [契約台帳検索]機能について教えてください。
A. [契約台帳検索]機能は、契約事務システムに登録された台帳から確認対象業務を検索・確定し、カルテと関連付けを行う機能です。
確定した契約台帳は、取り込んだ電子ファイル(業務カルテ)と紐付(関連付)きます。
・検索した契約台帳を基に電子ファイル(業務カルテ)の内容の誤りをチェックできます。
・承認を行うと、契約台帳管理システムで登録した評価点が契約事務システムの公表承認後、AGRISに連携されます。

戻る

Q. 閉鎖している発注期間の承認依頼について。
A. 閉鎖している発注機関の業務の承認依頼は、その上部機関(例:○○農政局○○事業所であれば、○○農政局の関係部課)へ承認依頼をするよう、受注者へ連絡しています。
この場合の承認キーは、上部機関の承認キーを入力して下さい。

戻る

Q. 平成23年度から、業務カルテ登録に関する手続きが変更されたとありますが、
発注者側の変更内容を教えてください。
A. 平成23年度より、発注者からAGRISセンターに業務カルテを送付する運用に変更となりました。
業務カルテ確認システムでカルテを承認後、ホームページのお問合せフォームからAGRISセンターに承認済み業務カルテを送付してください。

【補足情報】
平成22年度の業務カルテを登録する場合も平成23年度以降の登録フローに従い、発注者からAGRISセンターに業務カルテを送付して頂きますようお願いいたします。

戻る

Q. 平成23年度から受領書は発行されないのでしょうか。
A. 平成23年度4月1日より、受領書に代わりまして、業務カルテの受領通知メールをAGRISセンターより受注者に送付しております。
受領通知メールが平成23年度までの受領書に相当しますので、受注者より転送される受領通知メールの内容をご確認ください。

戻る

Q. 業務の契約金額が100万円未満、かつ、契約台帳システムで未登録の業務の場合、
発注者側で業務の承認が実施できない。
A. 上記のケースの場合、発注者の業務カルテ確認システムで、業務の承認が行えません。
AGRISセンターで業務カルテの電子ファイルを代行して承認いたしますので、
代行承認の依頼をお願いいたします。

ご対応頂く作業の流れは、下記の通りです。

1.代行承認のケースとなった旨を発注者から受注者にご連絡下さい。
AGRISホームページのFAQ 受注者の方の
「発注者(農林水産省・沖縄総合事務局)から、業務の代行承認の連絡を受けた。」の
内容をお伝え下さい。

2.AGRISセンターから代行承認に必要な郵便物(業務カルテの印刷物、
承認申請書(様式1)、電子代行承認申請書(様式2)、返信用封筒)が発注者に届きます。
その後、発注者側で業務カルテの印刷物をご確認頂き、業務内容に問題が無ければ、
承認申請書(様式1)のコピーと電子代行承認申請書(様式2)をAGRISセンターへ郵送下さい。
※業務カルテの印刷物と一緒に返信用封筒を同封していますので、ご使用下さい。

3.AGRISセンターで業務カルテの電子ファイルの承認を実施いたします。

戻る

Q. ファイルの承認を行うとエラーが発生し承認できません。
エラーメッセージ:(下記2種類のいずれか)
 「パスに無効な文字が含まれています。」
 「パス 'C\xxxxxxxx_当初_承認済.ag2' の一部が見つかりませんでした。」
A. 受注者から送付された業務カルテの業務名称の末尾にスペースが含まれていた場合、承認時にエラーが発生します。
恐れ入りますが、業務名称の末尾にスペース文字が含まれている場合は、スペース文字を削除した業務カルテの再送を受注者に依頼してください。

戻る

【コード表について】

Q. 業務分野、業務キーワード等の一覧がほしいのですが。
A. インターネットサービスシステムからPDFファイルのダウンロードができます。

戻る

【インターネットサービス】

Q. インターネットサービスシステムにログインできません。
A. ユーザID、パスワードを確認してください。
パスワードが分からなくなる等して、初期化が必要な場合は、各局土地改良技術事務所企画情報課を通じて、
局センターへ依頼してください。

戻る

Q. AGRISを使いたいが、ログインに必要なIDとパスワードは何ですか。
A. 各拠点(事業所、事務所、農政局)の必要な方にIDが割り当てられ、パスワードはその方自身が管理しています。
不明な場合や、新規に必要な場合は各局土地改良技術事務所企画情報課へお聞きください。

戻る

Q. 検索結果が空欄で表示されました。
A. AGRISを複数のブラウザやタブで同時に使用したことにより、不完全な検索処理が行われた可能性があります。
詳細はこちらをご確認ください。

戻る

Q. AGRISでブラウザの戻るボタンをクリックしてはいけないのでしょうか。
A. ブラウザの戻るボタンをクリックすると、画面により正しい検索結果が表示されません。
詳細はこちらをご確認ください。

戻る

Q. パスワードの有効期限について。
A. ログイン時に使用するパスワードの有効期限は、パスワードを最後に変更してから6ヶ月間となっています。
有効期限が切れた場合、ログイン時に表示される「有効期限切れ」のメッセージ画面からパスワード変更画面へ
移動できますので、パスワードの変更を行ってください。

戻る

Q. 廃止された発注機関を指定した検索方法がありますか。
A. 受注者検索等を実施する場合、過去に組織再編が行われた発注機関事業所を選択することはできません。
過去に組織再編が行われた発注機関事業所での一覧が必要な場合は、CSV出力機能を利用して、個別に抽出いただく必要があります。
CSV出力手順についてはこちらを確認ください。

戻る